• ハワイアナスの歴史

    1962

    ハワイアナスの最初の1足は、日本ではお馴染みの布製の鼻緒と藁でできた「草履」がヒントとなって、1962年に生まれました。 ハワイアナスの象徴的な特徴の1つでもあるでこぼこインソールは、お米の形にデザインされています。 実はハワイアナスと日本はとても深い関係にあるのです。

  • ハワイアナスの歴史

    1964

    ハワイアナスを売るセールスマンは、ヴィンテージのフォルクスバーゲンに乗り、ハワイアナスをブラジル中に広めていきました。

  • 1966

    ハワイアナスはオリジナルのビーチサンダルです。1966年に、ハワイアナスの生みの親であるアルパルガタス社は“全く新しいタイプのビーチサンダル”として特許登録をしました。

  • 1969

    ハワイアナス従来ブルーの鼻緒とホワイトのソールという配色でした。ところが、製造過程でのエラーでグリーンのハワイアナスが生まれて、それがヒット! これがブラウン、イエローそしてブラックのカラーの商品が生まれるきっかけとなりました。

  • 1970

    70年代、ラブ&ピースのヒッピーブームが、ハワイアナスをより若者の間に浸透させました。

  • 1973

    既に70年代にハワイアナスのコピー商品を販売しようとする人がいたなんて、信じられますか? これを防ぐために、ハワイアナスは「いんちきのハワイアナスから自分を守ろう。唯一の本物」というスローガンを発表。 「型崩れしない、におわない、伸びないストラップ」というフレーズがコマーシャルで流されました。

  • 1980

    ハワイアナスはブラジルの国民にとって生活の一部となっていました。 これまでに、数百万のハワイアナスが毎年売られ、事実、ブラジル政府のインフラをコントロールする物としてお米や豆などと一緒にリスト入りしていました。

  • 1994

    ブラジルの様々な著名人がハワイアナスのサンダルを着用し、テレビに登場するようになりました。 みんながハワイアナスを履いていたのです! ハワイアナスの陽気なイメージが、あらゆる場所で伝えられました。

  • 1995

    90年代になると、ハワイアナスは新しいスタイルのパターンを発売しました。 Havaianas Floralはハイビスカス柄のサンダルで、ハワイアナスの柄プリントの先がけです。

  • 1996

    ハワイアナスの白い部分をひっくり返して履くことが流行し、それにともない1色で統一されたモデルを作ることになりました。これが"TOP"モデル誕生のきっかけです。 8色の異なるカラーから始まり、今ではTOPのバリエーションは15色にもなりました。

  • 1998

    ブラジルのシンボルであるハワイアナスは、この頃から旅行者のスーツケースに入れられ、他の国へ拡散していきました。 ある人はハワイアナスを贈り物として持って帰り、またある人はそれを自分の国で販売しました。 このようにして、ハワイアナスは世界へ普及し始めたのです。

  • 1998

    1998年にワールドカップのための特別モデルとして、ストラップに小さな国旗をつけたニューモデルが発売されました。 このモデルはすぐにブラジル国民の期待を乗せた象徴的なアイテムとなり、ブラジル人のプライドを表す1足となりました。 1998年のワールドカップタイトルは逃しましたが、ハワイアナスは、永遠にブラジル人の象徴です。

  • 1999

    ハワイアナスのトレンドはファッション界でも広まっていきました。最初のランウェイデビューは、 イギリス人デザイナーJean Paul Gaultierのランウェイです。 ハワイアナスはすぐに世界の名だたるブランドやデザイナーに起用され始めました。

  • 1999

    ハワイアナスは急速に世界中に広まっていきました。 場所は、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス、イングランド、アメリカ、ドミニカ共和国、そして日本へ。 近年では、ハワイアナスは60カ国以上で販売されています。

  • 2000

    2000年代に、ハワイアナスは時を刻む特別なモデルを創り上げました。それにより、サンダルブランドとして確立しました。

  •  

     

    2001

    スペシャルコレクションがブラジル北部のデザイナーによって誕生し、ハワイアナスは世界で更に高い地位を確立しました。 クリスタルやメタルメッシュを使ったスペシャルコレクションは、ブラジル人の手によって本当にユニークでハイセンスなコレクションを創り上げられました。

  • 2003

    ハワイアナスの人気はフィリピンにも広がっていきました!! ビーチで人気となり、ハワイアナスはすぐに遊ぶ際やカジュアルファッションとして、島国でのシンボルとなりました。

  • 2003

    ハワイアナスはオスカーショーに出席し、名声を受けたことで世界中のギフトとなっていきました。 ハイヒールや窮屈な靴を履いた後、ハワイアナスに勝る履物はありません。

  • 2004

    ハワイアナスは IPÊ と呼ばれる ブラジルの生態系を研究している組織と組み、ブラジルの自然を維持する試みを行うことで、ブラックゴールデンライオンタマリンや灰色オオカミ、コンゴウインコなどの多くの絶滅危惧種を守ってきました。 アメリカのデータによると、売り上げの7%をIPÊに寄付しています。

  • 2004

    2004年には、ブラジルで有名なジュエリーデザイナーのH.Sternさんと組み、18金の輝きのあるダイアモンドのついたスペシャルサンダルを創りました。

  • 2004

    ハワイアナスは初めはインド洋を渡り、モーリシャス島まで広がりました。現在ではセーシェル諸島やメイヨット、モルジブなどのリゾートでも見ることができます。

  • 2005

    ブラジルでのカジュアルフライデーは少し違い、サンパウロの学生は教室でハワイアナスを履いています。 実際様々な企業が、ハワイアナスデーとしての金曜日のカジュアルフライデーを設けています。

  • 2006

    女性に人気の『Slim』スタイルの誕生です。 細身のシェイプやストラップが魅力的で、女性はどこにいてもすぐにハワイアナスの流行最先端のスタイルに惚れ込んでしまいます。

  • 2006

    オーストラリアにて、ハワイアナスは初めてギネス世界記録に認定されました。 毎年恒例のチャレンジで、何百人ものオーストラリア人がビーチに集まり、ハワイアナスのサンダルの形をしたいかだ船を動かして対戦しました。 大勢が参加し、社会的なプロジェクトとなりました。

  • 2007

    台湾へと乗り出したハワイアナスは、その動向が不安視されていましたが、台湾でも広まっていきました。

  • 2007

    ハワイアナスは正式にアメリカに乗り出し、ニューヨークのソーホーにオフィスを設けました。

  • 2008

    ハワイアナスの本店をスペインにオープンしました。 また同じく、オフィスをポルトガル、フランス、イギリス、イタリアに設けました。

  • 2009

    ハワイアナスの自然保護活動はインド洋の活動までも広がりました。 この活動が始まってから、ハワイアナスのサンダルを作ることで自然環境へ売り上げの7%を寄付しています。

  • 2009

    ハワイアナスのコンセプトショップをサンパウロにオープンしました。 そこにはハワイアナスの高級なスタイルはもちろん、すべてのコレクションを並べ、最高の店舗となりました!

  • 2010

    多くのブラジル人は年中ハワイアナスを履いているが、他国の人からすると考えられないでしょう。 その考えの元、ヨーロッパではカジュアルなスニーカーラインや、『Havaianas’ soul』のエスパドリーユなどのゴムサンダルといった、ハワイアナスのソウルコレクションが広まっていきました。

  • 2010

    イタリアのブランド ミッソーニと組み、サンダルとエスパドリーユの限定コレクションを作りました。 このプロジェクトは大変好調で、一瞬にして売り切れてしまいました。

  • ハワイアナスの歴史

    2011

    みんなに愛され続けるディズニーキャラクターがハワイアナスに登場!